信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

信頼される税理士になるために

これからの税理士に求められるものは、各種税金の申告・申請、税務書類の作成や税務相談などの事務的な処理を行うだけではなく、依頼者にとって、信頼される税理士が求められています。

税理士は、事務手続きだけを代行するのではなく、時には経営や税金などに関する相談なども行っています。

依頼者から、信頼され頼られる存在になる必要があります。

会計は税理士に質問

今は会社の数字についてよく分からないけれど、今後、経営を続けて行く中で数字に強くなって経営に活かしたいと考える経営者もいるでしょう。

会社を経営している人であれば、身近な人に会計を質問したり、教えてもらったりする事ができる環境がすでに整っている場合もあります。それは、税理士を顧問契約している場合です。

本来は彼らは税務に関する仕事を行っているのですが、もちろん彼らは会計についてもとても知識があります。普段お世話になっている税理士であれば、質問しやすいのではないでしょうか。

時間的に余裕がある時や業務の合間などに、少しずつ会計について勉強をしていくといいかもしれませんね。また、簿記のテキストなども参考になる場合もある様です。

正確に納税する税理士

税理士にはいくつかの独占業務があります。独占業務とは、税理士しかできない業務のことです。

税理士は起業や個人の税に関する重要な部分の業務を行っています。
身近にある消費税と違い、企業の法人税は高額な上に、法律で複雑化しています。

そのため、節税ができるならしたいが分からないと思う企業も多いようです。

もし、誤って不当な納税をすると税務署から指摘されるので、普段から正確に納税する必要があります。

税理士は法律の知識を生かして正しい節税方法をアドバイスしてくれます。

税理士の顧問契約

企業が税理士に業務をお願いしたいという時の契約方法は大きく分けて二つあります。

その一つは、単発業務を依頼する方法です。これは、確定申告などの業務を単発で依頼する事です。

そして、もう一つは顧問契約を行なう方法です。これは、定期的に税理士にお金を支払います。その代わりに好きな時に相談する事ができます。

どちらの契約を利用するかは企業や仕事の状況を考慮して判断すると良いでしょう。経営に余裕のある企業の多くは顧問契約を利用しているようです。

やはり、いつでも税理士に連絡が取れると困った時に安心ですね。

税理士に相談したい相続税税務調査

普段は会社の法人税などを扱っている事も多い税理士ですが、個人としては相続税税務調査の件で相談する人も多いみたいですね。過去に何度も相続税税務調査の対応を行っている税理士であれば、何を調査されやすいか、どんな事を質問されやすいかという事を経験から把握している事もあります。

その知識を借りて対応できるというのが、税理士に相続税税務調査の相談をする大きなメリットと思われます。相続税税務調査の実績が多い税理士であれば安心して相談する事ができるのではないでしょうか。

相続税税務調査が来るかもしれないと気になっている人は、いいと思われる税理士を見つけて相談を済ませる様にしたいですね。

相続税税務調査では預金口座が調査される

相続税税務調査では、被相続人の財産がすべて申告されているのか調査を行います。 申告漏れを調査するために、金融資産のような隠しやすい財産は必ず調査され、被相続人本人名義のものはもちろん、配偶者や子供、孫などといった被相続人の家族名義の預金口座も含めて調査されることになります。

相続財産の中で最も多いのは土地や建物ですが、申告漏れで最も多いのは、現金や預貯金などの金融資産なのです。 家族名義の預金口座は、被相続人の預貯金が、贈与の手続きを踏まずに、単に他の家族名義の預貯金になっている可能性があるために、問題となります。

贈与は、財産をあげる側、もらう側、両者の意思表示があって初めて成立するものですので、贈与税の申告書が提出されているのか、贈与契約書があるのかなどといったことが確認されなければ、家族名義の預貯金であっても贈与と認められず、被相続人の財産であるとされ、申告漏れであると判断されてしまう可能性があるのです。